遺産相続の相談なら大阪府大阪市の弁護士へ

土日祝の相談も受付中(要予約)まずはお電話でご予約を!

遺産分割の流れ

相続が起こったら遺産分割をしなければなりませんが、具体的にはどのようにして進めればよいのかがわからないことがあります。そこで今回は、遺産分割の流れをご説明します。

 

 

1.まずは相続人調査をする

遺産分割を行う場合には、相続人が集まって遺産分割協議をする必要があります。遺産分割協議には、相続人が全員参加しなければならず、1人でも欠けていたら遺産分割協議は無効になってしまいます。

そこで、遺産分割を進めるとき、まずは相続人調査をしなければなりません。

相続人調査の方法としては、被相続人(亡くなった人)が出生してから死亡するまでのすべての戸籍謄本、除籍謄本、改正原戸籍謄本類を集めて、被相続人の子どもなどの相続人がいないかどうかを調べます。もし、自分たちの知らない相続人がいたら、その人にも連絡をして遺産分割協議に参加してもらう必要があります。

 

 

2.相続財産調査をする

相続人調査ができたら、今度は相続財産調査をする必要があります。遺産分割協議をする場合には遺産を分けなければなりませんが、その対象になる遺産を特定しなければならないからです。

相続財産調査をするときには、まずは被相続人宅に届いた郵便物をチェックする方法が効果的です。たとえば、銀行などの金融機関から通知書などが届いていたら、その金融機関に預貯金などの財産がある可能性があるので、問合せをしてみましょう。証券会社からの連絡書なども同様です。被相続人が使っていたパソコンなどを調べると、取引のあった金融機関などが登録されていることもあります。

また、自宅内に預貯金通帳や証書などの財産が保管されていることもあるので、よく調べてみましょう。

不動産については、自宅内に登記識別情報(権利証)が保管されていたり、市町村役場から固定資産税納付書が送られてきたりするので判明することがありますし、各市町村役場に行って名寄せ帳(固定資産課税台帳)を見せてもらうことによって、判明することもあります。

 

 

3.遺産分割協議を行う

相続人調査と相続財産調査が終わったら、遺産分割協議を行う必要があります。遺産分割協議とは、相続人全員が集まって、遺産分割の方法を話し合って決める手続きです。

特に方式は決まっておらず、ある相続人の家に集まって話し合ってもかまいませんし、親が住んでいた実家に集まって話し合いをしてもかまいません。

遠方の相続人がいる場合、電話や書面を利用して話し合いをすすめることも可能です。

遺産分割協議では、誰がどの遺産を取得するのかを具体的に決定していく必要があります。すべての遺産について、誰が取得するのかを決定することができたら、遺産分割協議は終了します。

また、当事者同士ではうまく交渉を進められない場合、代理人として弁護士を雇い、弁護士に代理交渉をしてもらうことも可能です。また、家庭裁判所で遺産分割調停を起こしたり、遺産分割審判によって遺産分割方法を審判官(裁判官)に決めてもらったりすることもできます。

 

 

4.遺産分割協議書を作成する

遺産分割協議によって合意ができたら、その内容を遺産分割協議書にまとめる必要があります。遺産分割協議書には、遺産分割協議で決まった内容を項目ごとに書き入れていきます。そして、相続人全員が署名押印をして、日付を入れることで完成します。押印に使う印鑑は実員にすることをお勧めします。

 

 

5.遺産相続の手続きをする

遺産分割協議書ができたら、それを使って銀行預金の払い戻しや不動産の相続登記など、具体的な遺産相続の手続きをします。これらが終わったら、遺産分割は終了します。


期間限定 無料法律相談実施中(9/1~9/14)期間限定 無料法律相談実施中(9/1~9/14)
離婚問題に関するお悩みは、お気軽にご相談ください。離婚問題に関するお悩みは、お気軽にご相談ください。 土日祝の相談も受付中(要予約)まずはお電話でご予約を!
無料ご相談受付中!!

メニュー

相続財産

解決事例

遺産分割

遺産分割調停

遺言

事務所概要

  • 弁護士法人
    川原総合法律事務所

[ 代表 ]

弁護士川原俊明

[ 電話 ]

06(6365)1065

[ 住所 ]

大阪市北区西天満2丁目
10番2号幸田ビル8F

川原総合法律事務所
離婚問題に関するお悩みは、お気軽にご相談ください。 土日祝の相談も受付中(要予約)まずはお電話でご予約を!
pagetop