遺産相続の相談なら大阪府大阪市の弁護士へ

土日祝の相談も受付中(要予約)まずはお電話でご予約を!

遺産分割協議書について

遺産分割を行うときには、相続人らが全員集まって遺産分割協議を行う必要がありますが、遺産分割協議で合意ができたら、その内容を遺産分割協議書の形にしなければなりません。

遺産分割協議書はどのようにして作成して、どのように保管すれば良いのでしょうか?

今回は、遺産分割協議書について解説します。

 

 

1.遺産分割協議書とは

遺産分割協議書とは、相続人が遺産分割協議を行い、合意ができた場合に作成する書類のことです。遺産分割の内容をまとめたものとなっています。

遺産分割がととのったら、各相続人の誰がどの遺産を相続するかが決まります。ただ、その内容をきちんと書面化しておかないと、後日になって「そんな話はしていない」と言われて、紛争が蒸し返されるおそれがあります。また、遺産分割協議書がないと、遺産分割ができたという証拠がないので、いざ預貯金の払い戻しや不動産の相続登記などをしようとしても、手続きができないことになってしまいます。

そこで、遺産分割協議ができたら、必ず遺産分割協議書を作成する必要があります。

 

 

2.遺産分割協議書の作成方法

次に、遺産分割協議書は、どのようにして作成すれば良いのかをご説明します。

遺産分割協議書を作成する場合、用紙に指定はありませんし、手書きでもパソコンを使ってもかまいません。また、複数枚にわたっても良いです。

書き方は、まず表題として「遺産分割協議書」と書きます。そして、誰がどの遺産を取得するのか、1項目ごとに記載していきます。このとき、遺産の特定が重要です。

きちんと遺産を特定できていなければ、遺産分割協議書があっても具体的な相続手続きができないからです。

不動産を特定するときには、不動産の全部事項証明書の表題部をそのまま写しましょう。預貯金の場合には、銀行名と支店名、口座の種類、口座番号、口座名義人まで記載します。

そして、それをどの相続人が取得するのかもきちんと書き入れます。

すべての遺産取得方法を書き入れたら、日付を入れて相続人全員が署名押印します。このとき、実印を使う必要はありませんが、不動産の相続登記の際には全員の分の印鑑登録証明書が必要になることなどを考えると、実印で押印して印鑑登録証明書をつけておくと良いでしょう。

ページが複数枚にまたがる場合には、ページとページの間に契印をします。このとき、署名押印したのと同じ印鑑を使うので、実印を使って署名押印した場合には、契印も実印である必要があります。

このようにしてできた遺産分割協議書は、相続人の人数分作成して、それぞれが1通ずつ保管します。

 

 

3.遺産分割協議書の保管方法

遺産分割協議書ができたら、それをどこに保管すべきかという問題があります。遺産分割協議書は、各種の相続手続きをするために必要な重要な書類です。

また、なくなったからと言って再発行してもらえるものでもありません。

そこで、なくさないように大切に保管しなければなりません。鍵のかかる引き出し金庫などに入れておくと良いでしょう。必要なときだけ取り出して、手続きが済んだらまた元のところに戻しておきましょう。

 

 

4.遺産分割協議書の利用方法

遺産分割協議書があると、それを使って預貯金の払い戻しや不動産の相続登記などの具体的な相続手続きを行うことができます。遺産分割協議書によって、その人がその遺産を相続する人だということが証明できるからです。

以上のように、遺産分割協議書は遺産相続の場面で大変重要なものですから、これを機会に、是非とも正しく理解しておきましょう。


期間限定 無料法律相談実施中(9/1~9/14)期間限定 無料法律相談実施中(9/1~9/14)
離婚問題に関するお悩みは、お気軽にご相談ください。離婚問題に関するお悩みは、お気軽にご相談ください。 土日祝の相談も受付中(要予約)まずはお電話でご予約を!
無料ご相談受付中!!

メニュー

相続財産

解決事例

遺産分割

遺産分割調停

遺言

事務所概要

  • 弁護士法人
    川原総合法律事務所

[ 代表 ]

弁護士川原俊明

[ 電話 ]

06(6365)1065

[ 住所 ]

大阪市北区西天満2丁目
10番2号幸田ビル8F

川原総合法律事務所
離婚問題に関するお悩みは、お気軽にご相談ください。 土日祝の相談も受付中(要予約)まずはお電話でご予約を!
pagetop