遺産相続の相談なら大阪府大阪市の弁護士へ

土日祝の相談も受付中(要予約)まずはお電話でご予約を!

法定相続とは

人が亡くなったときには「法定相続」によって遺産を相続することが多いです。法定相続とはどのようなことなのでしょうか?以下で見てみましょう。

 

 

1.法定相続とは

法定相続は、遺産相続の際の基本です。

法定相続とは、法定相続人が法定相続分に従って遺産相続をすることです。

人が亡くなったときには、誰かがその遺産を相続する必要があります。有効な遺言書があればその遺言内容にしたがって遺産相続が行われますが、遺言がない場合には、誰が相続すべきかが問題です。

このときに基準になるのが法定相続人と法定相続分です。

法律によって、相続人となるべき人が決まっていますし(法定相続人)、各ケースにおける布袋相続人の遺産取得割合も決まっています(法定相続分)。

遺産分割協議を行うのはそのケースにおける法定相続人ですし、遺産分割協議では、法定相続分に従って遺産を分け合うことになります。

 

 

2.法定相続人とは

それでは、法定相続人は具体的にどのような人になるのでしょうか?以下で順番に見てみましょう。

まず、被相続人の配偶者は、常に法定相続人になります。

そして、それ以外の法定相続人には順位があります。第1順位の法定相続人は被相続人の子どもです。被相続人に配偶者と子どもがいる場合には、配偶者と子どもが法定相続人になりますし、配偶者がいなければ子どものみが法定相続人となります。

被相続人に子どもがいない場合には、親が第2順位の法定相続人となります。被相続人に配偶者と親がいる場合には、配偶者と親が法定相続人になりますし、配偶者がいない場合には親のみが法定相続人となります。

被相続人に子どもも親もいない場合には、兄弟姉妹が第3順位の法定相続人となります。被相続人に配偶者と兄弟姉妹がいる場合には、配偶者と兄弟姉妹が法定相続人になりますし、配偶者がいない場合には、兄弟姉妹のみが法定相続人となります。

 

 

3.法定相続分の割合

法定相続人には、それぞれ法定相続分が決まっていますので、以下で順番に見てみましょう。

まず、配偶者と子どもが法定相続人になるケースでは、配偶者と子どもが2分の1ずつとなります。子どもが複数いる場合には、2分の1の子どもの取得分を子どもの人数で頭割り計算します。配偶者がいない場合には、子どもたちだけで頭割りによって遺産相続します。たとえば、配偶者と子ども2人が法定相続人になる場合、配偶者の法定相続分は2分の1、子どもたちそれぞれの法定相続分は、2分の1×2分の1=4分の1ずつとなります。

配偶者と親が法定相続人になる場合、配偶者の法定相続分は3分の2、親の法定相続分は3分の1です。両親とも生きている場合には、親の法定相続分を2分の1ずつにします。

たとえば、配偶者と両親が相続する場合、配偶者の法定相続分が3分の2、親の法定相続分は3分の1×2分の1=6分の1ずつとなります。

配偶者と兄弟姉妹が法定相続人になるケースを見てみましょう。この場合、配偶者の法定相続分が4分の3、兄弟姉妹の法定相続分が4分の1となります。兄弟姉妹が複数いる場合には、兄弟姉妹の法定相続分を人数で頭割り計算します。

たとえば、配偶者と兄弟姉妹3名が法定相続人になる場合、配偶者の法定相続分は4分の3、兄弟姉妹それぞれの法定相続分は4分の1×3分の1=12分の1ずつとなります。

以上のように、法定相続人にはそれぞれ法定相続分が認められており、これに従った相続方法を法定相続と言います。遺産分割協議をする際には法定相続を基準にすることが多いので、これを機会に覚えておくと良いでしょう。


期間限定 無料法律相談実施中(9/1~9/14)期間限定 無料法律相談実施中(9/1~9/14)
離婚問題に関するお悩みは、お気軽にご相談ください。離婚問題に関するお悩みは、お気軽にご相談ください。 土日祝の相談も受付中(要予約)まずはお電話でご予約を!
無料ご相談受付中!!

メニュー

相続財産

解決事例

遺産分割

遺産分割調停

遺言

事務所概要

  • 弁護士法人
    川原総合法律事務所

[ 代表 ]

弁護士川原俊明

[ 電話 ]

06(6365)1065

[ 住所 ]

大阪市北区西天満2丁目
10番2号幸田ビル8F

川原総合法律事務所
離婚問題に関するお悩みは、お気軽にご相談ください。 土日祝の相談も受付中(要予約)まずはお電話でご予約を!
pagetop