遺産相続の相談なら大阪府大阪市の弁護士へ

土日祝の相談も受付中(要予約)まずはお電話でご予約を!

公正証書遺言のすすめ

遺言書を作成する場合、自筆証書遺言にするか公正証書遺言にするか、迷うことがあります。この場合、将来の遺産トラブルを寄り確実に避けることが出来るのは、公正証書遺言です。

そこで今回は、公正証書遺言のメリットとおすすめする理由について解説します。

 

 

1.自筆証書遺言と公正証書遺言

遺言書を作成する場合、多くのケースで自筆証書遺言か公正証書遺言が選ばれています。自筆証書遺言とは、全文を自筆で記載する必要がある遺言書です。

遺言書の表題や内容、日付、署名押印、遺産目録部分まで、すべて自筆で記載しなければならず、パソコンや代書によって書くことはできません。一部でも自筆でない部分があると、全体が無効になります。

自筆証書遺言は、自宅でいつでも簡単に作成出来ますし、作成に費用もかからないので便利なので、多くの人が利用しています。

 

 

2.公正証書遺言とは

公正証書遺言とは、公証人が公正証書の形で作成してくれる遺言書のことです。公正証書遺言は、公証人が作成してくれるので、遺言者が要式を気にする必要がありませんし、信用性も高いです。

自筆する必要がないので、寝たきりの人などでも公正証書遺言を利用できます。作成する際には、公証役場に行って申込みをして、費用を払って公証人に遺言書を作成してもらう必要があります。

 

 

3.公正証書遺言のメリット

 

3-1.無効になりにくい

公正証書遺言にはたくさんのメリットがありますが、中でも大きなメリットは、無効になりにくいことです。自筆証書遺言の場合、厳格な要式があるので、少しでもそれに外れると無効になりますが、公正証書遺言の場合には公証人が公正証書の形で作成してくれるので、自分のミスで無効になるリスクはありません。

 

3-2.争いが起こりにくい

公正証書遺言の場合、自筆証書遺言より争いが起こりにくいです。自筆証書遺言が自宅で発見された場合、偽造や変造が疑われて相続人間でトラブルになることも多いですが、公正証書遺言の場合には、公証人がきちんと身分確認をして公正証書の形で作成しますし、作成した原本は公証役場で保管されるので、偽造や変造の余地がありません。

そこで、公正証書遺言がある場合には、「偽物」と言われるおそれが少ないのです。

 

3-3.確実に発見される

公正証書遺言は、自筆証書遺言よりも発見される可能性が高いです。自筆証書遺言を自宅で保管していても、相続人らが見つけてくれるとは限りませんし、見つからない場合には、「遺言書がない」前提で遺産分割が行われてしまいます。これに対し、公正証書遺言には、遺言書検索サービスがあるので、相続人らがこれを利用したら、確実に遺言を見つけてもらうことができます。このことにより、確実に自分の遺志を実現することが可能になります。

 

3-4.自筆できなくても作成出来る

自筆証書遺言は、全文を自筆で記載しなければならないので、すでに字が書けない状態になっていたら遺言することができません。これに対し、公正証書遺言の場合には公証人が遺言書を作成してくれるので、字が書けなくても遺言できますし、寝たきりでも公証人に出張してきてもらうことも可能なので、遺言することが可能です。

このようなことも、公正証書遺言の大きなメリットです。

 

4.遺言書を作成するなら公正証書遺言にしよう

以上のように、公正証書遺言を作成すると、自筆証書遺言よりも相続トラブルを避けやすいですし、無効になりにくいなどのたくさんのメリットがあります。

そこで、遺言書を作成するなら、公正証書によって作成することをおすすめします。

今から遺言書を作成する人も、書き直しをする人も、一度検討してみると良いでしょう。


期間限定 無料法律相談実施中(9/1~9/14)期間限定 無料法律相談実施中(9/1~9/14)
離婚問題に関するお悩みは、お気軽にご相談ください。離婚問題に関するお悩みは、お気軽にご相談ください。 土日祝の相談も受付中(要予約)まずはお電話でご予約を!
無料ご相談受付中!!

メニュー

相続財産

解決事例

遺産分割

遺産分割調停

遺言

事務所概要

  • 弁護士法人
    川原総合法律事務所

[ 代表 ]

弁護士川原俊明

[ 電話 ]

06(6365)1065

[ 住所 ]

大阪市北区西天満2丁目
10番2号幸田ビル8F

川原総合法律事務所
離婚問題に関するお悩みは、お気軽にご相談ください。 土日祝の相談も受付中(要予約)まずはお電話でご予約を!
pagetop