遺産相続の相談なら大阪府大阪市の弁護士へ

土日祝の相談も受付中(要予約)まずはお電話でご予約を!

遺言で指定された相続人が既に亡くなっていた場合

stork-3363503_640

はじめに

 

遺言書を作成しても、遺言者より先に相続人や受遺者が死亡してしまうケースがあります。このような場合、代襲相続によって相続人や受遺者の子どもが遺産を受け取ることができるのでしょうか?それとも遺言が無効となってしまうのか、問題となります。

今回は、遺言によって指定された相続人や受遺者が遺言者より先に亡くなっている場合の対応方法について、解説します。

 

1.代襲相続とは

相続人が被相続人より先に亡くなるケースは珍しいことではありません。

その場合、「代襲相続」によって相続人の子どもが代わって相続します。

たとえば子どもが親より先に死亡している場合には、子どもの子どもである孫が相続人となりますし、兄弟姉妹が被相続人より先に死亡していれば、兄弟姉妹の子どもである甥姪が代襲相続によって相続人となります。

 

2.受遺者の場合

それでは、遺言によって指定された相続人や受遺者が遺言者より先に死亡した場合にも、受遺者や相続人の子どもが相続するのでしょうか?

まず、受遺者の場合をみてみましょう。

受遺者とは、もともと相続人ではないけれども遺産の受取人として指定されている人です。

受遺者の場合、もともと相続人ではありませんし、被相続人との個人的な関係によって遺産の分与を受けるだけですから、被相続人との関係がない受遺者の子どもが遺産を譲り受ける理由がありません。

そこで、受遺者の子どもは代襲相続できません。

 

3.相続人の場合

遺言によって遺産取得を指定されたのが相続人であった場合には、どのように取り扱われるのでしょうか?

この点について、平成23年2月22日に最高裁判所の判決が出ています。

この判例では、遺言書で遺産の受け取りを指定された相続人が遺言者より先に死亡した場合、基本的に相続人の子どもは代襲相続することはない、と判示されています。

ただし、遺言書内に書かれている事項や他の記載内容との関係、遺言書を作成したときの状況や遺言者の状況などからして、遺言者が代襲者やその他のものに遺産を相続させようとする意思をもっていたといえる特段の事情がある場合、代襲者やその他のものが遺産を相続できるとしています。

そこで、基本的には遺言書で相続人の遺産相続分が指定されていても、相続人の子どもは代襲相続しません。相続権は次順位の相続人に移ることとなります。

 

4.予備的遺言とは

相続人や受遺者が遺言者より先に死亡してしまうケースに備えるには、予備的遺言をしておく方法が効果的です。

予備的遺言とは、万一指定した相続人や受遺者が先に死亡したときには別の人が相続ないし遺贈を受けることを遺言書内で指定しておくことです。これにより、仮に受遺者や相続人が先に死亡してしまっても、希望する人に財産を受け渡すことができます。

 

 

遺言書作成の際にはいろいろと注意すべきポイントがあるものです。効果的な遺言書作成方法が分からない場合、弁護士がアドバイスをいたしますのでお気軽にご相談下さい。

 

main_img02

 

 

 

 

 

 

 

 


期間限定 無料法律相談実施中(9/1~9/14)期間限定 無料法律相談実施中(9/1~9/14)
離婚問題に関するお悩みは、お気軽にご相談ください。離婚問題に関するお悩みは、お気軽にご相談ください。 土日祝の相談も受付中(要予約)まずはお電話でご予約を!
無料ご相談受付中!!

メニュー

相続財産

解決事例

遺産分割

遺産分割調停

遺言

事務所概要

  • 弁護士法人
    川原総合法律事務所

[ 代表 ]

弁護士川原俊明

[ 電話 ]

06(6365)1065

[ 住所 ]

大阪市北区西天満2丁目
10番2号幸田ビル8F

川原総合法律事務所
離婚問題に関するお悩みは、お気軽にご相談ください。 土日祝の相談も受付中(要予約)まずはお電話でご予約を!
pagetop