遺産相続の相談なら大阪府大阪市の弁護士へ

土日祝の相談も受付中(要予約)まずはお電話でご予約を!

特別受益・寄与分とは

相続人らが集まって遺産分割協議をするとき、特定の相続人から寄与分の主張が行われることがあります。また、特定の相続人について、特別受益があるのではないかが問題になることがあります。

寄与分や特別受益の主張が行われると、遺産問題がトラブルになって解決しにくくなることが非常に多いです。そこで今回は、寄与分と特別受益についての基礎知識をご説明します。

 

 

1.特別受益とは

 

1-1.特別受益とは

遺産分割協議を行うとき、特別受益が問題になるケースは多いです。

特別受益とは、共同相続人の中に、被相続人から特別に利益を受けていた人がいる場合のその利益のことです。

たとえば、相続人である娘が結婚をするときに、親から高額な持参金をもらっていた場合などに特別受益が認められます。

遺産分割を行う際、原則的には法定相続人が法定相続分に応じて遺産を分配します。しかし、相続人の中に、既に高額な生前贈与などを受けている人がいる場合には、単純に法定相続分に従って遺産分割をすると、むしろ相続人間で不公平になってしまいます。

そこでこのような場合、受益者に特別受益を認めて、その受益分をその相続人の遺産取得分から差し引きます。

このことにより、公平に遺産分割を行うことができるようになります。

 

1-2.特別受益が主張されて遺産分割がもめるパターン

特別受益が問題になると、遺産分割でもめてトラブルになることが多いです。

ある相続人に特別受益があると主張されても、受益を受けた本人は特別受益であることを認めないことが多いですし、特別受益であること自体は認めても、その評価方法で合意出来ないこともあるからです。

たとえば、長男が留学するときに、父親から学費を出してもらっていたとしましょう。

このとき、他の兄弟(相続人)は、それが特別受益に該当すると主張しますが、長男は、「他の兄弟も全員大学を出ているのだから特別受益にはならない」と主張します。

また、長男が留学したのは非常に古い話なので、明確にいくら出してもらったのかが分かりませんし、今と貨幣価値が異なるなどの問題もあります。

そこで、特別受益についての問題が解決せず、遺産トラブルが起こって遺産分割協議が進まなくなります。

 

 

2.寄与分とは

 

2-1.寄与分とは

遺産分割協議のトラブル原因として、寄与分もあります。寄与分とは、相続人の中に遺産の維持や形成に特別に貢献した人がいる場合に、その相続人の遺産取得分を増やすことです。

たとえば、共同相続人の中に、被相続人を献身的に介護し続けた人がいて、介護費用の支出を免れた場合などに認められやすいです。この場合、寄与の度合いに応じて介護をしてきた相続人の相続分が増えます。

寄与分も、特別受益と同様に、各相続人間の公平を実現するための考え方です。

 

2-2.寄与分が主張されて遺産分割でもめるパターン

寄与分が主張された場合にも、遺産分割協議が紛糾することが多いです。この場合、他の相続人は寄与分を認めないことが多いからです。

たとえば、長女が長年献身的に母親を介護してきた場合に寄与分を主張しても、他の兄弟は「同居していたのだから面倒を見て当たり前だ」と主張して寄与分を認めません。また、長女の寄与分がいくらになるのかという評価の問題もあって遺産分割協議がまとまらなくなります。

 

3.特別受益や寄与分のトラブルを解決する方法

このように、特別受益や寄与分が原因で遺産分割協議がトラブルになってしまった場合には、遺産分割調停や審判によって問題を解決しなければなりません。自分たちでは解決が難しくなることも多いので、悩んでいるなら一度専門家に相談してみると良いでしょう。


期間限定 無料法律相談実施中(9/1~9/14)期間限定 無料法律相談実施中(9/1~9/14)
離婚問題に関するお悩みは、お気軽にご相談ください。離婚問題に関するお悩みは、お気軽にご相談ください。 土日祝の相談も受付中(要予約)まずはお電話でご予約を!
無料ご相談受付中!!

メニュー

相続財産

解決事例

遺産分割

遺産分割調停

遺言

事務所概要

  • 弁護士法人
    川原総合法律事務所

[ 代表 ]

弁護士川原俊明

[ 電話 ]

06(6365)1065

[ 住所 ]

大阪市北区西天満2丁目
10番2号幸田ビル8F

川原総合法律事務所
離婚問題に関するお悩みは、お気軽にご相談ください。 土日祝の相談も受付中(要予約)まずはお電話でご予約を!
pagetop