遺産相続の相談なら大阪府大阪市の弁護士へ

土日祝の相談も受付中(要予約)まずはお電話でご予約を!

公正証書遺言の作成方法を解説!

遺言書を作成するなら、自筆証書遺言よりも公正証書遺言がおすすめです。ただ、公正証書遺言を作成すると言っても、具体的にどのような手続きになるのかがわからないことが多いでしょう。

そこで今回は、公正証書遺言の作成方法を解説します。

 

 

1.まずは遺言内容を決める

公正証書遺言を作成しておくと、将来の遺産トラブルを効果的に避けることができます。

そこで、遺産トラブルを避けたいなら、公正証書遺言を作成しましょう。

公正証書遺言を作成するとき、公証役場に申し込む前に事前に行うべきことがあります。

公証役場では公証人に遺言内容を相談することができないので、遺言内容については自分で考える必要があるのです。

予め、誰にどの遺産を相続させるのか、また遺贈するのかなどを決めて、書面にまとめておきましょう。

自分で遺言内容を決められない場合には、弁護士などの専門家に相談することも可能です。

 

 

2.証人を用意する

公正証書遺言を作成する際には、2名の証人が必要です。そこで、申込前に、できれば2名の証人を自分で用意しておきましょう。ただ、適切な人がいない場合には、公証役場で紹介してもらうこともできるので、無理に探す必要はありません。

 

 

3.公証役場に申込をする

遺言内容を決めて証人予定者が決まったら、公証役場に遺言作成の申込みをします。このとき、どのような内容の遺言にするのかを伝えなければならないので、事前に作っておいた書面を見てもらうと良いでしょう。

証人を自分で用意出来ていない場合には、その旨も伝えて公証役場で証人を紹介してもらう手はずをします。

このとき利用する公証役場は全国どこのものでもかまいません。自宅近くの役場でも良いですし、勤務先の近くでも良いので、通いやすい場所の公証役場を利用すると良いでしょう。

申込をすると、必要書類を指示されます。具体的には、自分や相続予定者の戸籍謄本、住民票や不動産に関する履歴事項証明書や固定資産税評価証明書、印鑑登録証明書、身分証明書などです。

具体的な必要書類の内容はケースによって異なりますが、公証人から指示されるので、その通りに集めましょう。

 

 

4.日程を調整する

公正証書遺言を作成するときには、公証人と証人の日程を調整する必要があります。申込をすると、公証人が日程調整をして連絡してくれて、その日に必要書類を持参して公証役場に行くことになります。自分の側で証人を用意した場合には、証人にもその日に故障役場に来てもらう必要があります。

また、必要書類は公正証書作成日までに用意しなければなりません。書類がないと、せっかく公証役場に行っても公正証書遺言の作成ができないので、指示された書類は確実に用意する必要があります。

 

 

5.必要書類を持って公証役場に行く

日程が決まって必要書類が集まったら、指定された日に公証役場に行きます。このとき身分証明書と印鑑が必要です。

公証役場に行くと、公証人が遺言書を作成してくれているので、それを読ませてもらい、特に問題がなければ、署名押印をします。さらに、証人2名と公証人が署名押印することにより、公正証書遺言ができあがります。できあがった公正証書遺言の原本は公証役場で保管されるので、遺言者には正本が交付されます。

遺言書の正本は、自宅などで大切に保管すると良いでしょう。ただ、正本をなくしたとしても、原本が公証役場にあるので遺言書がなくなるおそれはありませんし、謄本(写し)を再発行してもらうこともできるので安心です。

以上のような手順で公正証書遺言を作成出来ます。参考にしてみてください。

 


期間限定 無料法律相談実施中(9/1~9/14)期間限定 無料法律相談実施中(9/1~9/14)
離婚問題に関するお悩みは、お気軽にご相談ください。離婚問題に関するお悩みは、お気軽にご相談ください。 土日祝の相談も受付中(要予約)まずはお電話でご予約を!
無料ご相談受付中!!

メニュー

相続財産

解決事例

遺産分割

遺産分割調停

遺言

事務所概要

  • 弁護士法人
    川原総合法律事務所

[ 代表 ]

弁護士川原俊明

[ 電話 ]

06(6365)1065

[ 住所 ]

大阪市北区西天満2丁目
10番2号幸田ビル8F

川原総合法律事務所
離婚問題に関するお悩みは、お気軽にご相談ください。 土日祝の相談も受付中(要予約)まずはお電話でご予約を!
pagetop